浴室の壁のカビが気になる?マイホームの浴室をきれいに保つための方法をご紹介!

マイホームの浴室のカビが気になるとお悩みの方はいらっしゃいませんか。
毎日使用する浴室ですので、きれいな空間にしておきたいですよね。
そこで今回は、浴室での失敗例や浴室をきれいに保つための方法をご紹介します。

□浴室での失敗例

浴室で失敗するポイントを見ていきましょう。

浴室は湿気がこもりやすいため、カビ対策が必要です。
しかし、このことを考えずにいると後悔してしまうでしょう。
浴槽や壁の色や素材は、汚れが目立ちやすかったり、掃除しにくかったりするものもあります。
また、浴室の湿気が原因で周囲の部屋にもカビが生えやすくなってしまう可能性もあるため、ご注意ください。

□浴室をきれいに保つためのポイント

浴室は、可能な限りきれいに保ちたいですよね。
どのようなポイントを意識すれば良いか5つの対策を解説します。

1つ目は、カビの栄養を絶つことです。
お風呂あがりに、壁や床にお湯をかけることで、カビのえさとなる皮脂や垢を取り除けます。
特に、洗い場の周辺の壁や床、汚れがたまりやすい排水溝付近、体を洗う際の肩より低い壁の場所は要注意スポットですので、意識してお湯をかけてください。

2つ目は、換気することで湿度を下げることです。
カビの原因である湿気がこもらないよう、十分に換気してください。
窓がある場合は、両サイドから開けて空気の流れを作ると良いでしょう。
また、換気扇を使用する場合は、ごみがたまっていないか確認してください。

3つ目は、水を残さないことです。
ドアのパッキン部分や浴槽のふたにも水がたまりやすいため、壁や床と同時に拭きとりましょう。
おすすめの方法はスキージーです。
壁についている水気をささっと水切りしておくだけで、乾燥時間を短縮できます。

4つ目は、浴槽のお湯を残す場合は、ふたをすることです。
湯気が浴室に充満すると、カビの発生原因になるでしょう。
また、ふたも週に一度程度は掃除することをおすすめします。

5つ目は、除菌しておくことです。
お風呂を掃除してきれいになった後に、2カ月に一度ほどは除菌すると良いでしょう。

当社では、きれいが続く有機ガラス系新素材を浴槽に標準採用しています。
そのため、毎日のお掃除で楽をしたい方は、ぜひこちらの素材を使用した当社の浴室を検討してみてください。

□まとめ

今回は、浴室の失敗例やきれいに保つコツをご紹介しました。
しかし、これらを毎日行うのは大変ですよね。
そこで、当社の掃除が楽になる有機ガラス系新素材を使用した浴室にしてみてはいかがでしょうか。
マイホームのことでお悩みの方は、ぜひ当社にご相談ください。

マイホームを購入する方必見!おすすめの断熱材をご紹介!

「快適に過ごせるマイホームが欲しい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
このような方には、ぜひ断熱材にこだわることをおすすめします。
しかし、なぜ断熱材にこだわる必要があるか分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、断熱性能を重視する理由や当社がおすすめする断熱材についてご紹介します。

□断熱材を重視する理由

断熱材はマイホームを快適な空間にするには非常に重要です。
その理由について失敗例とともに見ていきましょう。

1つ目は、天井から熱気が入り込む家です。
ある家では天井に隙間があることで、冷房を使用しても効率が悪く、暑さが解消できませんでした。
しかし、きちんとした断熱材を選ぶことで、天井の表面温度が4.2度も下がりました。

2つ目は、足元から冷気が伝わる家です。
断熱材が入っていないフローリングの床では、冬は非常に冷たくなります。
暖房をかけても床の冷たさは解消されないため、足元から体が冷えてしまいます。
しかし、断熱リフォームをした後は床の表面温度は6.3度も上昇し、暖房の効きも良くなりました。

このように断熱性能が低い家では、外気温が床や壁、屋根に伝わりやすく、それらの表面温度に影響を与えます。
そのため、室温にもむらができ、エアコンの効率も下がってしまうでしょう。
断熱材を変えることでこれらが解消できるため、断熱材は重要であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

□おすすめの断熱材

当社が取り扱っているおすすめの断熱材を解説します。

当社では、高性能グラスウールの「アクリアネクスト」を使用しています。
断熱性能は、標準装備でZEHの基準を満たしています。
また、床下、壁、天井まで断熱材を施すため、よほど寒い冬ではない限り足元が極端に冷たく感じることは少ないです。

また、4つのメリットについてもご紹介します。

1つ目は、環境や人にやさしいことです。
フロンガスを使用せず、ホルムアルデヒドも発生しないため、施工者にも住む方にも優しいです。

2つ目は、長期間安定した性能を発揮できることです。

3つ目は、優れた断熱材や気密性です。
暑さや寒さを遮熱できるため、家中を同じ室温に保てます。
そのため、光熱費の削減にもつながるでしょう。

4つ目は、吸音性です。
外部の騒音や内部の生活音の漏れを抑制するため、音を気にせず快適に暮らせるでしょう。

□まとめ

今回は、マイホームを購入する際に断熱材が重要である理由をご紹介しました。
快適な空間を作りたい方は、ぜひ断熱材にこだわってみてください。
当社は、環境や人にやさしい快適な暮らしにするお手伝いをさせていただいています。
マイホームの購入を検討中の方は、ぜひご相談ください。

マイホームに太陽光発電は必要?検討する際のポイントをご紹介します!

マイホームを購入する方にぜひ知っていただきたいことが、太陽光発電についてです。
地球温暖化の影響から近年注目されることが多いですが、本当にマイホームにつけるか迷っている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、マイホームにソーラーパネルを付けるメリットや付けるか迷った際に考えるポイントをご紹介します。

□ソーラーパネルを付けるメリット

ソーラーパネルをマイホームに設置するメリットを説明します。

まず、電気代が節約できることです。
毎月の電気代は大きな出費ですよね。
マイホームに太陽光発電があれば、電力会社から電気を買う量が比較的安く済むため、電気代の節約につながります。

次に、いざという時の備えになることです。
台風や地震の被害は毎年起こっていますよね。
このような災害の際に電気が止まってしまえば、非常に不便です。
このような時にも太陽光発電があれば、電気が使えるため、いざという時でも安心感があるでしょう。

□太陽光発電を付けるべきか

太陽光発電には様々なメリットがあることがお分かりいただけたでしょう。
しかし、施工費用が掛かるなどの理由から付けるか迷っている方もいらっしゃると思います。
太陽光発電を付けるか迷った際に参考にしていただきたいポイントを解説します。

1つ目は、屋根の向きや大きさ、形です。
南向きで屋根の角度は30度、形は単純な切妻屋根が最も向いている屋根です。

2つ目は、補償金の有無です。
都道府県や市町村の補助金については、地域によって金額にかなりの差があるため、確認しておきましょう。

3つ目は、1キロワットあたりの価格です。
キロワット単位は、1キロワット45万円以下(2021年3月25日時点)が目安価格です。

4つ目は、日照量の多い地域であるかです。
年間日照量が多い地域と少ない地域では大きく採算が変わるため、事前に確認することをおすすめします。

5つ目は、日中に電気を使用するかです。
太陽が出ている日中に発電し、余った電気は電力会社に売れるため、日中の外出が多く電気を多く使わない方にこそおすすめです。

6つ目は、自然災害の可能性です。
日本では、どこにいても地震や土砂災害といった自然災害は避けられません。
蓄電池ありきで、自然災害で停電になったときでも自家発電できるので電気が切れる可能性が下げられます。

7つ目は、社会貢献度です。
環境問題に対処するための1つの方法でもあるため、検討する際に再生エネルギーのことについても考えてみても良いですね。

□まとめ

今回は、太陽光発電についてご紹介しました。
マイホームの購入を検討している方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
また、マイホームの購入の際に分からないことがあれば、お気軽に当社にご相談いただければ幸いです。

子供も喜ぶ!マイホームに憧れの庭を設置する際のポイントを解説!

お子様も嬉しいうえ、憧れる方が多い庭ですが、マイホームに設置する際のポイントとは何かご存知でしょうか。
最近ではお庭にウッドデッキやサンルームを取り入れている例が多く、たいへん人気です。
しかし、せっかく取り入れた庭でも、思っていた庭と異なれば残念ですよね。
そこで今回は、マイホームに庭を設けるメリットや設ける際のポイントをご紹介します。

□庭を設ける魅力

そもそもなぜ庭に魅力を感じる方が多いのでしょうか。
まずは庭の4つの魅力について解説します。

1つ目は、日当たりが良くなり、見晴らしがよくなることです。
庭があれば、空間が広がるため、長時間太陽光が届きますよね。
しかし、庭がなければ家の外壁や隣の家との境界が近くなり、陰になってしまうでしょう。
圧迫感から解放され、家全体を明るくしたい方には非常におすすめです。

2つ目は、ガーデニングや家庭菜園が楽しめることです。
広々とした空間で、地植えができます。
家庭菜園の際にプランターでは難しかった樹木まで植えられるでしょう。

3つ目は、バーベキューやホームパーティーを楽しめることです。
リビングだけでは入りきれないくらいの大人数を招待した場合でも、庭があれば問題なく開催できるでしょう。
親しい友人を家に招いて、ホームパーティーを主催してみてはいかがでしょうか。

4つ目は、お子様やペットも遊べることです。
お子様だけで公園で遊ばせるのは不安な方も多いでしょう。
しかし、家の中だけではストレスが溜まってしまいますよね。
マイホームに庭があればお子様がのびのびと庭で遊べるうえ、親御さんも安心して遊ばせられるでしょう。

□庭設置時のポイント

庭を設置する際のポイントとは、住み始めた際のことも考えることです。

庭を設置するということは、その後のメンテナンスやライフスタイルを左右する重要な事柄です。
実際にどのような用途で庭を使用するのか、一度整理してみることをおすすめします。
上記でご紹介した内容を参考に、考えてみてはいかがでしょうか。

庭では通常のリビングではできないような体験もできるため、素敵な思い出をたくさん残したい方におすすめです。
新しいアイデアで新しいライフスタイルを作っていきたい方は、ぜひ設置を検討してみてください。

□まとめ

今回は、庭の設置についてメリットや設置する際のポイントをご紹介しました。
実際に使用する際のことを考えて設置するかを検討してみてください。
また、デザインについてもどのような用途で利用するかで異なります。
マイホームについての疑問点があれば、お気軽にご相談ください。

1つ目は、屋根の向きや大きさ、形です。
南向きで屋根の角度は30度、形は単純な切妻屋根が最も向いている屋根です。

2つ目は、補償金の有無です。
都道府県や市町村の補助金については、地域によって金額にかなりの差があるため、確認しておきましょう。

3つ目は、1キロワットあたりの価格です。
キロワット単位は、1キロワット45万円以下(2021年3月25日時点)が目安価格です。

4つ目は、日照量の多い地域であるかです。
年間日照量が多い地域と少ない地域では大きく採算が変わるため、事前に確認することをおすすめします。

5つ目は、日中に電気を使用するかです。
太陽が出ている日中に発電し、余った電気は電力会社に売れるため、日中の外出が多く電気を多く使わない方にこそおすすめです。

6つ目は、自然災害の可能性です。
日本では、どこにいても地震や土砂災害といった自然災害は避けられません。
蓄電池ありきで、自然災害で停電になったときでも自家発電できるので電気が切れる可能性が下げられます。

7つ目は、社会貢献度です。
環境問題に対処するための1つの方法でもあるため、検討する際に再生エネルギーのことについても考えてみても良いですね。

□まとめ

今回は、太陽光発電についてご紹介しました。
マイホームの購入を検討している方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
また、マイホームの購入の際に分からないことがあれば、お気軽に当社にご相談いただければ幸いです。

窓で失敗しないために!マイホームを検討中の方へ失敗例をご紹介します!

皆さんは、窓を設置する際の失敗についてご存知でしょうか。
これからマイホームを購入する方は、ぜひ失敗例を押さえておくことをおすすめします。
そこで今回は、窓で失敗した例と当社の高性能ハイブリッド窓をご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□窓で失敗した事例

窓の性能は、快適なマイホームにするために非常に重要です。
しかし、窓に重きを置かずに設置したため、後悔した方もいらっしゃいます。
その事例を見ていきましょう。

まず、窓のせいで暑いや寒い、眩しいといった事例です。
窓の数が少なかったことが原因で、熱気がこもってしまったり、朝日や西日が直接室内に差し込むことで反射したり、エアコンがききにくかったりすることがあります。
また、リビングに設置した窓が大きすぎて、夏は暑く冬は寒くなってしまった方もいらっしゃいます。

次に、窓の見た目がかっこ悪いといった事例です。
窓のデザインはマイホームの雰囲気に影響を与えます。
1階と2階の位置がバラバラ、和室だけ丸窓にしたら統一感がなくなったという具合で、外観で後悔が残ってしまう失敗例もあります。
そのため、マイホーム全体のバランスを考えて、検討することが重要と言えるでしょう。

ただ、ご自身で配置やどの窓にするか決定するのは難しいと思います。
そのため、窓の配置や性能のことお悩みの方は、お気軽に住宅のプロに相談してみてくださいね。

□ハイブリッド窓

当社のハイブリッド窓について見ていきましょう。

これは、アルミと樹脂のハイブリッド構造をベースに、断熱性を向上させた次世代の窓です。

特徴としては、主に4つあります。

1つ目は、断熱性能です。
ハイブリッド窓でありながら、樹脂窓と同等の断熱性能を実現できます。
通年、快適な空間で生活できるでしょう。

2つ目は、フレームを50パーセントスリム化したことです。
窓が存在しないかのようなシンプルで美しいデザインですので、視界がすっきりと広がり、光や景色をより身近に感じられます。

3つ目は、特殊薄板やトリプルガラスを軽量化したことです。
複層ガラス並みの軽さで簡単に開け閉めが可能です。

4つ目は、ワイドな枠出幅で厚壁化に対応していることです。
前垂れを抑制するための寸法を確保しているため、住宅の高耐久化に貢献します

□まとめ

今回は、マイホームの購入を検討している方に窓での失敗例をご紹介しました。
当社のハイブリッド窓はデザイン性、機能性とともに優れています。
このような窓を新しいマイホームに付けたいとお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせいただければ幸いです。

マイホーム購入時にトイレで後悔しない方法をご紹介!

「長く安心して暮らせる高性能なマイホームにしたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
そのような方には、トイレにこだわることをおすすめします。
そこで今回は、マイホーム購入時にトイレで後悔しないための方法をご紹介します。

□トイレでの失敗例

トイレを設置する際にどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。
3つの失敗例をお話しします。

1つ目は、2階にもトイレを設置するべきであったという例です。
寝室が2階にある方は、トイレのために毎回階段を降りるのはつらいですよね。
特に、お子様がいらっしゃるご家庭であれば、2階にもトイレがあった方が良いのではないでしょうか。

2つ目は、掃除のしやすさを考えていなかった例です。
住んでから数年経てば黄ばんだり、汚れが目立ってきたりします。
そのため「床をビニール素材にしておけば良かった」と後悔している方もいらっしゃいます。

3つ目は、収納を考えていなかった例です。
トイレットペーパーのストックを置ける場所が限られると、補充を忘れることもあるでしょう。

トイレでは、配置、収納、広さの3点を特に注意して考える必要があります。
新居のトイレのつくりを今お住まいの住宅でシミュレーションしておくと良いですね。

□トイレ設置時のポイント

トイレを設置する際のポイントを解説します。

まず、掃除のしやすさです。
内装については掃除のしやすい機能性壁紙や汚れがしみ込みにくい素材の床にすることをおすすめします。
無垢のフローリングなどはおしゃれですが、シミや汚れが気になるという方もいらっしゃるため、注意が必要でしょう。

次に、便器です。
使用頻度が多く汚れやすいため、最新機能に助けられているとおっしゃる方が多いです。
タンクレストイレや自動洗浄機能、便器のふたが自動で持ち上がるリフトアップ機能などを検討してみてはいかがでしょうか。

そして、節水です。
大切な地球の資源である水ですので、無駄なく使用したいですよね。
また、水道費の節約にもつながるでしょう。

当社では、飛び跳ねを抑える最新機能や座り心地、使い心地が快適なトイレをご提供しています。
全自動お掃除付きですので、お手入れも簡単に済ませられるでしょう。

□まとめ

今回は、マイホームの購入時にトイレで失敗したくない方へトイレでの失敗例やポイントをご紹介しました。
今回ご紹介した点を中心にトイレを設置してみてください。
また、当社のトイレが気になった方は、ぜひ当社にご相談いただければ幸いです。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308