マイホームを建てるなら!快適なリビングと失敗しない間取りについて紹介します!

「マイホームのリビングを快適にするための方法を知りたいな」
「家づくりで失敗をしたくないな」
そのような悩みを解決したい方はいらっしゃるでしょう。

この記事ではご自身の家のリビングを快適にするための方法と失敗しない間取りをつくるための方法をご紹介します。
マイホームをつくる際の参考にしてくださいね。

□ご自身の家のリビングを快適にするための方法とは

ご自身の家のリビングを快適にしたいですよね。
ここではご自身の家のリビングを快適にするための方法をご紹介します。

1つ目は、広さにこだわることです。
家族共有のスペースであり、来客をもてなす場でもあるリビングはある程度の広さが必要です。
十分な広さにしましょう。

2つ目は、彩光や風通しにこだわることです。
日当たりや風通しには注意しましょう。
リビングは多くの時間を多くの人が過ごす場所です。

3つ目は、断熱性にこだわることです。
リビングで生活する時間は多いため、快適に過ごしたいですよね。
そんな時には断熱性にこだわり、夏は涼しく、冬は暖かいリビングにすると良いでしょう。

4つ目は、内装にこだわることです。
来客が来ることもあるリビングは住まいの雰囲気を伝える一番の場所です。
内装には十分にこだわりましょう。

5つ目は、キッチンとの動線です。
やはり、毎日の生活は快適に暮らしたいですよね。
キッチンとの動線を考えることで、毎日を効率よく暮らせます。

□失敗しない間取りをつくるための方法とは

失敗しない間取りをつくるためにはどうしたら良いのでしょうか。
ここでは失敗しない間取りをつくるための方法をいくつかご紹介します。

1つ目は、収納スペースを考えることです。
収納スペースの数や広さ、位置には気をつかうようにしましょう。
自分が実際に暮らすイメージを持って収納を考えることが大切です。

2つ目は、部屋の広さを考えることです。
各部屋の目的や用途に合った広さを意識しましょう。
限られた住宅の広さの中では優先順位をつけていくことが重要です。

3つ目は、コンセントを考えることです。
自分の使う家電を事前にどこに配置するのかを考えて間取りを決めましょう。

□まとめ

今回は家のリビングを快適にするための方法と失敗しない間取りをつくるための方法をご紹介しました。
理想のマイホームをつくるために、この記事を参考にしてくださいね。

当社はお客様の理想のマイホームを実現するお手伝いをしています。
少しでも興味のある方はご連絡ください。

マイホームを検討している方へ!こだわりの風呂を作るために役立つことをご紹介します!

「マイホームを検討しているので、風呂の種類について知りたいな」
「マイホームでこだわりの風呂を作るためにはどうしたら良いのかな」
そのように考える方はいらっしゃるでしょう。

この記事では風呂の種類とこだわりの風呂の例をご紹介します。
マイホームを検討している方、必見です。

□風呂の種類について解説

風呂の種類はご存じでしょうか。
ここでは3つの風呂の種類をご紹介します。

1つ目は、システムバスです。
システムバスとはユニットバスのことです。
工場であらかじめ浴室のパーツを作り、現地に運んで組み立てる風呂です。
パッケージ化されているため、細かい指定はできないことが特徴です。

2つ目は、在来風呂です。
在来風呂とは、浴槽、床、天井、壁などをすべて現場にてオーダーメイド方式で作る風呂です。
ご自身の希望の風呂を作れるので非常におすすめの方法です。
大きな窓を付けたり、露天風呂にしたりということも可能です。

3つ目は、ハーフユニットバスです。
上半分は在来風呂、下半分はユニットバスの要領で作る方法です。
この方法は両方の作り方の良さを取り入れられるのでおすすめです。

風呂の種類としては以上の3種類です。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に合った種類を選びましょうね。

□こだわりの風呂の例をご紹介

こだわりの風呂を作りたいと考える方は多いでしょう。
ここからは、こだわった風呂の例をいくつかご紹介します。
ぜひ、ご自身の風呂づくりの参考にしてくださいね。

1つ目は、扉を強化ガラスにした風呂です。
入口の視界が広がり、開放的な空間を演出できます。

2つ目は、通常よりも広めに作った風呂です。
足を伸ばしても余裕のある、1.25坪以上の広さです。
ゆったりとお風呂につかれるので、日ごろの疲れも取れますね。

3つ目は、色合いを工夫した風呂です。
全体を黒に統一することで、高級感あふれる風呂にできます。
しかし、汚れが目立ちやすいという欠点もあります。

4つ目は、照明にこだわった風呂です。
オレンジ系の色の照明であれば落ち着きある空間を、白の照明は清潔感のある空間をつくりだします。
自分のイメージに合った色の照明を用いるようにしましょうね。

□まとめ

今回は風呂の種類とこだわりの風呂の例をご紹介しました。
せっかくのマイホームなので納得のいくものにしましょうね。

当社はお客様の夢を実現するマイホームづくりをしています。
少しでも興味のある方は、当社までお問い合わせください。

自然素材の家を作る際に!家づくりでのポイントと後悔のした例をご紹介します!

「自然素材の家をつくる際のポイントを知りたいな」
「自然素材の家をつくって後悔したことを知っておきたいな」
そのように考える方も多いでしょう。

この記事では自然素材の家をつくる際のポイントと自然素材の家での後悔した例をご紹介します。
少しでも興味のある方はぜひ参考にしてください。

□自然素材の家をつくる際のポイントとは?

自然素材の家をつくる際のポイントとはどのようなものなのでしょうか。
ここでは自然素材の家で大切にすべきポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は、耐久性です。
自然素材は消耗しやすかったり、傷つきやすかったりすることがあります。
耐久性は住宅にとっては非常に大切なので、きちんと調べておきましょう。

2つ目は、メンテナンスです。
自然素材には汚れや傷がつきやすい素材があります。
メンテナンスをきちんと行うようにしましょう。

3つ目は、耐火、耐震性能です。
防災性能は非常に重要です。

4つ目は、コストです。
自分の理想を叶えるのも良いですが、予算をオーバーしすぎないようにしましょう。

5つ目は、調湿性、断熱性、保温性です。
住宅の性能面もきちんと確認しておきましょう。
快適な暮らしには、性能は必要です。

自然素材の家をつくる際のポイントはこれらの5つでした。
家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□自然素材の家での後悔した例とは

自然素材の家での後悔した例をご紹介します。
この例を参考にして、ご自身の住宅づくりに役立ててください。

1つ目は、汚れや傷が気になるということです。
自然素材は傷がつきやすい傾向にあります。
あまり気にすることなく、ポジティブに受け止めなければ、後悔してしまうでしょう。
しかし、傷は家を味のあるものにしてくれるので前向きに受け止めましょう。

2つ目は、メンテナンスが大変ということです。
自然素材はこまめにメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスを面倒に感じる方は、少し大変かもしれません。
しかし、どのような素材でもメンテナンスは必要であるため、仕方がないと受け止められると良いですね。

自然素材の家で後悔したこととして、汚れや傷が気になることと、メンテナンスが大変だということをご紹介しました。
ご自身が後悔しないように事前に知っておいてくださいね。

□まとめ

今回は自然素材の家をつくる際のポイントと自然素材の家での後悔した例をご紹介しました。
自然素材を上手に用いて、快適な住まいをつくりましょう。

当社は未来につながる住宅づくりをしています。
少しでも興味のある方はぜひご相談ください。

家づくりを検討している方へ!高性能住宅ってご存じですか?

「高性能住宅について詳しく知りたいな」
「高性能住宅のメリットとは何なのだろう」
そのように考えたことはありませんか。

この記事では高性能住宅の説明とメリットの紹介を行います。
家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

□高性能住宅とは

高性能住宅とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは高性能住宅について詳しく紹介していきます。

高性能住宅とは高気密かつ高断熱である家のことを指します。

高気密とは住宅の隙間を減らし、熱損失を少なくし、冷暖房効率が良いことを言います。
高気密である家は、結露が少ないなど、生活を快適に暮らせる住宅です。

高断熱とは住宅の外部と接する部分から熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的に区切ることを言います。
高断熱である家は、冷暖房を過度に使用する必要がなくなるため、環境にやさしい住宅です。

そして、高性能住宅とは簡単に言うとお金のかからない家のことです。
なぜお金がかからないのか気になった方は、以下のメリットの部分を読んでくださいね。

□高性能住宅のメリットとは

高性能住宅のメリットはいくつもあります。
ここからは高性能住宅のメリットをいくつか紹介していきます。

1つ目は、冬でも快適に暮らせることです。
断熱性、気密性に優れている高性能住宅は、外気温の影響を受けにくいです。
すなわち、家全体を効率よく暖められ、冬でも快適です。

2つ目は、光熱費を削減できることです。
1つ目のメリットで述べたように、家全体を効率よく暖められます。
それゆえ、少量のエネルギーで部屋が暖められるので、光熱費を削減できます。

3つ目は、換気性能に優れていることです。
高性能住宅は換気にも優れており、住宅内の空気を綺麗に保ってくれます。
ゆえに、体にも優しい家になります。

4つ目は、補助金を受けられる可能性があることです。
条件を満たすと、国から補助金や税の優遇措置を受けられることがあります。
高性能住宅を建てる前に確認をしておきましょう。

高性能住宅のメリットをご紹介しました。
なぜ、高性能住宅がお金のかからない家なのかは分かりましたでしょうか。
これらのメリットからお金のかからない家だと言えるのです。

□まとめ

今回は高性能住宅の説明とメリットの紹介を行いました。
家づくりを考えている方は、高性能住宅にしてみてはいかがでしょうか。

当社は笑顔で暮らせる家づくりをしています。
少しでも興味のある方は、お問い合わせや資料請求をお願いいたします。

マイホームづくりをする方へ!生活動線とそのポイントをご紹介します!

「マイホームを検討しているので、生活動線について詳しく知りたいな」
「4つの生活動線とは何なのかを知りたい」
そのように考える方も多いでしょう。

この記事では生活動線についての説明と4つの生活動線のポイントについての紹介を行います。
マイホームづくりにぜひお役立てください。

□生活動線とは何か解説

生活動線という単語はご存じでしょうか。
ここでは生活動線とはどのようなものなのかという説明をします。

生活動線とは、朝起きてから洗面、食事、外出、入浴、トイレといった生活をする上での動きを線で表したもののことを指します。
マイホームを検討している方は、暮らしやすい家をつくるためにもこの生活動線を考えた間取りにすることが重要です。

生活動線を意識しないと以下のような問題点が出てきます。
1つ目は、玄関からキッチンまでが遠いので、買い物袋をキッチンまで運ぶのが大変であるという問題点です。
2つ目は、浴室に行くためにリビングを通る必要があるため、来客が来ている場合はお風呂に行けないという問題点です。

このような問題点は、生活動線を意識することで簡単に解決するのです。

□4つの生活動線のポイントとは

生活動線は大きく分けて4つあります。
ここからはその4つの生活動線のポイントをご紹介します。

1つ目は、家事動線です。
効率の良い家事動線をつくるためには、家の出入り、洗濯、料理の3つを合わせて考えることが大切です。

2つ目は、通勤動線です。
同じ時間帯に洗面台を複数人使うことがあるため、洗面台とは別に鏡を設けると良いでしょう。
また、回遊動線をつくることで、通路が混雑することを防げます。

3つ目は、衛生動線です。
水回りは一か所に集めると、効率が良くなります。
また、トイレは流す音が迷惑にならない位置に設置するようにしましょう。

4つ目は、来客動線です。
新しく家をつくった場合、来客を家に呼ぶこともあるでしょう。
そんな際には、移動時にプライベートの物が見えないようにすることが大切です。

4つの生活動線のポイントをご紹介しました。
これらの動線をしっかりと考えた住宅をつくるようにしましょうね。

□まとめ

今回は生活動線についての説明と4つの生活動線のポイントについての紹介を行いました。
生活動線を意識したマイホームをつくって、快適な生活を手に入れましょう。

当社はお客様のニーズに合った家を建てるお手伝いをしています。
マイホームを検討中の方は、ぜひお問い合わせください。

マイホームを建てる方必見!間取りのこだわりのポイントをご紹介します!

「マイホームを建てるなら、こだわりたいな」
「マイホームの間取りでは、失敗したくないな」
そのように考える方はいらっしゃるでしょう。

この記事では、間取りのこだわりポイントと失敗例をご紹介します。
これらを参考にして、マイホームづくりに役立ててくださいね。

□間取りのこだわりのポイントとは

間取りにはこだわりたいと考える方が多いでしょう。
ここでは間取りのこだわりのポイントをご紹介します。
間取りづくりの参考にしていただければ幸いです。

1つ目は、動線です。
生活動線にこだわることで、快適な間取りが完成します。
毎日を快適に暮らせるような、効率の良い間取りを考えるようにしましょう。

2つ目は、収納スペースです。
収納スペースは広ければ良いというわけではありません。
正しい場所に、適切な広さで設置することを心がけてください。

3つ目は、広さです。
各スペースの広さを用途に合うように意識して決めるようにしましょう。
家族の意見も取り入れると、より納得のいく間取りが完成します。

間取りのこだわりのポイントとしては、動線、収納スペース、広さが挙げられます。
これらを意識した間取りをつくることで、ご自身のこだわりを反映した住宅にできます。

□間取りの失敗例についてご紹介

間取りの失敗例とはどのようなものなのでしょうか。
ここからは間取りの失敗例をご紹介するので、ご自身の間取りを考える際にお役立てくださいね。

1つ目は、寝室の失敗です。
ベッドが入るギリギリの大きさにしてしまって、着替えができなくなってしまうという例があります。
また、夫婦の寝室をつくっても寝なくなってしまっては意味がありません。
一緒に寝るのかどうかを先に確認しておきましょう。

2つ目は、設備や家具の失敗です。
家具を造り付けの物にしてしまった際には、いつまでも模様替えができません。
また、窓の配置を失敗してしまうと、日当たりが悪く後悔してしまいますが、後から取り返しがつきません。
トイレと寝室を近くにしてしまって、寝ている時に家族のトイレの音がうるさいということもあります。

マイホームづくりを検討している方は、これらの失敗例を参考にして、間取りには十分注意するようにしてくださいね。

□まとめ

今回は間取りのこだわりのポイントと失敗例をご紹介しました。
間取りをしっかりと検討して、後悔のないマイホームをつくりましょう。

当社は一人一人の住まいへの思いを大切にし、家づくりのお手伝いをしています。
少しでも興味のある方は、ぜひご連絡ください。

購入後の計画も大切です!マイホームの維持費について解説します!

マイホーム購入時には、購入の際に必要なものにばかり目が行ってしまいますが、購入後の計画も大切です。
購入費用を抑えられても、ランニングコストが高くなってしまえば本末転倒です。
そこで今回は、マイホームの維持費について解説します。
購入後の計画を立てる際にお役立てください。

□家を購入すると維持費がかかる!

家の種類や状態によらず、家を購入すると維持費を支払う必要があります。
まずは、税金についてお話しします。

固定資産税をご存じでしょうか。
代表的な維持費の1つです。
建物や土地などの固定資産に対して課せられる税金です。
マイホームを手に入れた後は、お住まいの市町村にこの税金を納める必要があります。

都市計画税という税金もあります。
これは、都市計画法で定められた市街化区域にある建物や土地に対して課せられます。

いずれの税金も固定資産税評価額に対して課せられます。
この評価額はおよび税金の額は、お住まいの市町村が決めます。

□他にもかかる!家の維持費!

税金以外にも、維持費はかかります。
ここでは、保険料と修繕費について説明します。

火災保険や地震保険などに入る場合、保険料が発生します。
保険料は保険会社によって異なり、補償額をいくらにするかによっても変化します。
こうした保険は万が一の時の備えとして、加入を検討する価値があります。
保険料や補償内容、年間いくらまでなら負担できるかなどを考慮して、保険会社や加入するかどうかを決めたいですね。

また、将来的に住宅は修繕する必要がどこかで出てきます。
新築の戸建てに30年以上住んでいる人向けに行った修繕に関する調査では、平均築年数35.8年で修繕に使った費用の平均総額は556万円という調査結果が出ました。
修繕の時期や金額には多少のばらつきがあると思いますが、1年あたりおよそ16万円かかっています。
この場合、1カ月当たり1.3万円程度貯金しておけば、修繕費を賄えます。

修繕が必要な時期やかかる費用は住まいの状態によって違いますが、急に修繕が必要になることもあります。
余裕を持って対応できるように、先を見据えてある程度準備しておきたいですね。

□まとめ

マイホーム購入後にかかる維持費についてお話ししました。
税金の他に、保険料や修繕費などが必要です。
当社は、地域に根ざし、お客様一人ひとりに寄り添いながら、ご家族の笑顔が絶えない住まいを提供できるよう日々、努めております。
大分県でマイホームの購入をご検討中の方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

パッシブデザインの住宅とは?ハウスメーカーがメリットを説明します!

「パッシブデザインって何だろう」
「パッシブデザインについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

今回は、パッシブデザインについてお話しします。
パッシブデザインのメリットもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□パッシブデザインとは?

パッシブデザインは、風や日光といった自然のエネルギーを利用して快適な家をつくろうとする設計の考え方や設計手法のことを指します。
パッシブは受動的という意味で、自然のエネルギーを受動的に活用するデザインです。
人間と自然が共生して、本当の意味で心地の良い暮らしをすることを目的としています。

パッシブデザインには大きく5つの定義があります。

1つ目は、断熱性能です。
住宅の断熱性を高め、どこにいても快適な住環境を実現します。
屋根や壁、窓などの断熱性能を高めて、熱の損失を防ぐのが一般的です。

2つ目は、日射遮蔽です。
窓から入ってくる日光をコントロールします。
夏場に日差しを遮り、冬場は太陽光を活用できるような工夫をします。

3つ目は、自然風です。
風の流れを計算して、どの部屋にも風が流れるように設計します。

4つ目は、日射熱利用暖房です。
冬は室内に日射熱をとり込み、夜までその熱を維持する工夫も必要です。

5つ目に、日光で室内を明るく保つ工夫が求められます。

□パッシブデザインのメリットをご紹介!

ここでは、パッシブデザインのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、自然な心地良さを実現できる点です。
断熱性能の高い家であるため、冷暖房機器の利用を最小限に抑えられます。
室温が安定し、体への負荷が小さくなるのも魅力です。

2つ目は、体にやさしい暮らしができる点です。
部屋ごとの温度差が小さいので、ヒートショックを防止できます。
また、風の通りも良いので、揮発性の化学物質を屋外へ排出しやすいです。

3つ目は、経済的にもやさしい点です。
自然のエネルギーを活用するので、照明や冷暖房機器の使用を最小限に抑えられます。
そのため、光熱費を節約できます。

当社では、パッシブデザインを取り入れた「5つ星の家」を提供しております。
自然のエネルギーを活用することで電気やガスへの依存度が減少し、省エネでありながら安全で快適な暮らしを実現できます。

□まとめ

今回は、パッシブデザインについてお話ししました。
当社は、地域に根ざし、お客様一人ひとりに寄り添いながら、ご家族の笑顔が絶えない住まいを提供できるよう日々、努めております。
大分県でマイホームの購入をご検討中の方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308