住宅の性能を重視する方へ!高気密高断熱の家のメリットと断熱工法についてご紹介します!

「高気密、高断熱の性能の良い住宅にはどのようなメリットがあるのかな」
「断熱工法の種類が知りたいな」
そのような悩みを持つ方は多いでしょう。

この記事では高気密、高断熱住宅のメリットと断熱工法についてご紹介します。
少しでも興味のある方はぜひ参考にしてください。

□高気密高断熱住宅のメリットとは

高気密、高断熱の住宅のメリットとはどのようなものなのでしょうか。
ここでは高気密、高断熱の住宅のメリットをいくつかご紹介します。

1つ目は、光熱費を削減できることです。
高気密、高断熱の住宅は室内の空気が逃げにくいため、夏の暑さや冬の寒さの影響を受けにくいです。
ゆえに、冷暖房費があまりかからず、光熱費を削減できます。

2つ目は、快適に暮らせることです。
家全体の温度差が小さくなるので、冬場であっても廊下が寒いと感じることは減るでしょう。

3つ目は、掃除の負担が減ることです。
室内の壁の表面温度が一定であると、空気の対流による静電気が発生しません。
それゆえに、壁にホコリが付きにくくなります。
高気密、高断熱の住宅であれば、掃除の頻度は格段に下がります。

高気密、高断熱の住宅のメリットは光熱費が削減できること、快適に暮らせること、掃除の負担が減ることでした。
マイホームをお考えの方は、高気密、高断熱という性能をぜひ取り入れてくださいね。

□断熱工法について解説

断熱工法にはいくつかの種類があります。
ここからは断熱工法の種類について詳しくご紹介します。

主な断熱工法としては、充填断熱工法と外張り断熱工法があります。
充填断熱工法は内断熱と呼ばれており、外張り断熱工法は外断熱と呼ばれています。

内断熱は断熱材を外壁と室内の壁の間に詰める方法で、外断熱は構造材の外側を断熱材で覆う方法です。
内断熱の方が、外断熱に比べてコストがかかりません。
外断熱のメリットとしては、外から熱を加える箇所が少ないため、断熱性が高いことです。

断熱材にはグラスウールやセルロースファイバーなどの素材が使用されています。
一般的には、価格の安い断熱材は厚さが必要になるという傾向があります。

断熱工法には2つの種類がありました。
ご自身の住宅に合った方法を選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は高気密、高断熱住宅のメリットと断熱工法についてご紹介しました。
性能の良い住宅は毎日の生活を快適にしてくれます。

当社は最新で高品質な住宅をお客様に提供しています。
少しでも興味のある方はぜひご相談くださいませ。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308