木造住宅と鉄骨住宅で迷っている方へ!それぞれのメリットを紹介します!

木造住宅と鉄骨住宅のどちらにしようか決める際に重要なのは、それぞれのメリットですよね。
そこで今回は、木造住宅と、鉄骨住宅それぞれのメリットを詳しく解説します。
住宅を決める際にぜひ参考にしてください。

□木造住宅のメリットとは

木造住宅には以下のメリットがあります。

1つ目はコストが安い点です。
木造住宅は、構造体を木材を使用して作るので、基礎工事に手間がかかりません。
しかし、鉄骨系の場合には、構造体に使用する素材に耐火処理や防さび処理を行う必要があります。

これらの理由で、同じ条件の建築なら、木造住宅の方が、費用が安い場合が多いです。

2つ目は木造ならではの落ち着いた雰囲気が出せる点です。
木には木独特の落ち着いた雰囲気があります。
また、雰囲気だけでなく、香りや視覚から実際に癒し効果があると言われています。

あたたかみのある住宅を作りたい方は木造住宅にしてはいかがでしょうか。

3つ目は調湿効果がある点です。
木材は、湿気が高い時は、部屋の湿気を吸い込んだり、乾燥している時は、木材が蓄えていた水分を放出したりして湿度を調節してくれます。

調湿効果により、快適な環境を保ってくれますし、結露やカビを抑える役割も担ってくれます。

□鉄骨住宅のメリットとは

鉄骨住宅には以下のメリットがあります。

1つ目は柱や壁を減らして開放感のある間取りが可能な点です。
柱の強度が木造より頑丈なので、建物を支える柱と壁の量が少なくて済みます。
広いリビング、吹き抜け、大きな窓など、開放感のある家のつくりにしたい方は鉄骨住宅を選びましょう。

2つ目は一定の品質を保てる点です。
木造は、木の選び方や、加工の仕方など、職人の能力によって、住宅の品質が異なります。
しかし、鉄骨住宅は、工場で一律で作られているので、一定の品質が保証されています。

3つ目は木造住宅よりも火災保険が安い点です。
火災保険の保険料は、住宅が燃え広がりやすいかの条件があります。
そのため、燃え広がりにくい鉄骨住宅の方が、木造住宅より、火災保険料が安い場合が多いです。

それぞれのメリットをしっかりと押さえておきましょう。

□まとめ

木造住宅か、鉄骨住宅かについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事が、お客様がどちらの家にするのかの手助けになれば幸いです。
また、木造住宅を建てようかと迷っている方はぜひ当社にお任せください。
専門の知識と技術でお客様の満足のいくマイホームづくりをさせていただきます。

省エネ住宅と言われてもピンとこない方へ!省エネ住宅の基準を解説します!

省エネ住宅に住みたい方に知っていただきたいのが、省エネ住宅の基準です。
実は一定の基準を超えていないと、省エネ住宅を名乗れません。
そこで、今回は、省エネ住宅の基準と、メリットを紹介します。
ぜひ、住宅を選ぶ際に参考にしてみてください。

□省エネ住宅の基準とは

省エネ住宅の評価には以下の基準があります。

外皮の熱損失を計算し、併せて一次エネルギーの計算を行う基準です。
外皮の熱損失や、一次エネルギーなどと言われても聞き覚えのない方が多いでしょう。
そこで、まずは外皮の熱損失から解説します。

外皮の熱損失は、部屋の内部から外に熱がどれだけ逃げていったのかを数値化したものです。
具体的な例としては、窓から逃げる熱量と、天井または屋根から逃げる熱量、壁から逃げる熱量を、外と接する外皮と呼ばれる部分の面積の合計で割ります。
内外温度差が一度の条件で行う点に注意しましょう。

この値が小さければ小さいほど、中の気温が一定に保たれやすいので、省エネな住宅と言えるでしょう。

次に一次エネルギーについて解説します。
一次エネルギーは簡単に言うと、日々使用している電気量です。
冷暖房設備や換気、照明、給湯、家電調理などのエネルギー消費を合計したものを算出します。

一次エネルギーが小さければ小さいほど省エネな住宅です。
物件を決める際は、これらの2つの値を聞いてみましょう。

□省エネ住宅のメリットとは

省エネ住宅には以下のメリットがあります。

1つ目は光熱費を抑えられえる点です。
これが省エネ住宅の最大のメリットと言えるでしょう。
省エネ住宅は断熱性や気密性が高く、冷暖房効率が良いです。
そのため、夏や冬に電気代が大きくかかる冷暖房の使用を減らせます。

太陽光発電を取り入れると、電気代をゼロにすることも可能です。
電気が余った場合は、売って収入に変えることも可能です。

2つ目は寒暖差が少ない点です。
断熱性と気密性が高いことにより、年中一定の温度に保たれた住宅に住めます。
また、部屋ごとの寒暖差が少ないので、暖かい部屋から寒い部屋に入った際に心臓に負担がかかるヒートショックが起こりにくいです。

心臓が弱いご老人が家族にいる方はぜひ省エネ住宅を選びましょう。

3つ目はメンテナンスの手間が減る点です。
冬になると、室内と室外の温度差で結露ができます。
しかし、省エネ住宅なら、断熱性が高いので、結露ができにくいです。

結露は、住宅の内部から腐らせるため、住宅の寿命に悪影響を及ぼします。

また、結露とともにカビの発生も抑えられ、家族の健康も住宅の寿命も守れます。

□まとめ

省エネ住宅について解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の快適な生活の手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

外観がおしゃれなマイホームをつくるポイントを紹介します!

「住宅の外観の種類がたくさんありすぎてどんな外観にすれば良いのか分からない」
「外観のおしゃれの基準って何なのか知りたい」
こんな風にお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は外観がおしゃれに見えるポイントと、具体的な外観デザインを紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□外観がおしゃれに見えるポイントとは

外観がおしゃれに見えるためには以下のポイントを押さえる必要があります。

1つ目は家の形です。
外観のイメージに大きく影響を与えるのが家の形です。
綺麗に見せられるかどうかは家の形にかかっていると言ってよいでしょう。

家の形を決める際に注意したいことが、間取りを後に考えることです。
間取りを先に考えてしまうと、外観が後付けになってしまいます。

外観をスタイリッシュにしたい場合は、先に外観を決めてから間取りを決めるようにしましょう。

外観を決める際は、シンプルな形をこころがけましょう。
でこぼこを作りすぎると、ごちゃごちゃした雰囲気になってしまいます。

ベースをシンプルに作り、後から必要に応じて、でこぼこを作るようにしましょう。

2つ目は窓です。
窓は光を取り入れるだけでなく、外観のイメージに大きく関わってきます。
窓で注意したいのは、配置と、窓の種類です。

採光と外観のデザイン、両方を考えた配置にしましょう。

種類は、おしゃれに見せたいなら一般的な住宅に使われている引き違い窓ではなくFIX窓を利用しましょう。

すっきりとしたおしゃれな雰囲気を出せます。

3つ目は色です。
外観の色は住宅のデザインを決める上で重要です。
白やベージュは洋風、黒やブラウンは高級なイメージです。。
外壁の素材に合う合わないがあるので、素材ともに色を考えましょう。

色を選ぶ上で注意したいのが、近隣の住宅との調和です。
他の住宅と全く異なる色を使用して悪目立ちをするのは避けましょう。

□おしゃれな住宅の具体的な例とは

以下でおしゃれな住宅の具体例を挙げます。

1つ目はベーシックな形状でシンプルモダンな住宅です。
今はシンプルでモダンな住宅が流行っています。
落ち着いたグレーで外壁を塗り、安定した雰囲気を感じさせます。

2つ目は明るく華やかな洋風の家です。
クリーム色の外壁と、オレンジ色の木材を使用した、明るくて暖かい雰囲気の住宅です。
窓が多いので、住宅の中でも明るく過ごせるでしょう。

□まとめ

おしゃれな住宅の外観について解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様のおしゃれなマイホームづくりの手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

住宅にテレワークスペースはいりませんか?快適なテレワークスペースのポイントを紹介します!

「家で集中しづらい」
「テレワークが義務付けられたけど、どこですれば良いか悩んでいる」
こんな風にお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで、今回は快適なテレワークスペースのポイントをご紹介します。
注文住宅を建てる際にぜひ参考にしてみてください。

□テレワークスペースを設けるメリットとは

テレワークスペースを設けると以下のメリットがあります。

1つ目は仕事や趣味などの作業に集中できる点です。
動いている人が見えたり、雑音が聞こえてきたりすると、なかなか集中できません。
しかし、テレワークスペースを設けると、他の家族を気にする必要がない環境で集中して作業に取り組めます。

2つ目はオン、オフの切り替えがしやすい点です。
いつもくつろいでいるリビングで作業をしても、体がリラックスして効率が上がらないですよね。
そこでテレワークスペースを設ければ、プライベートな空間と、仕事の空間を物理的に分けられます。
そのため、オン、オフがすぐに切り替えられ、効率よく作業を進められます。

また、プライベートを大切にできるのも良い点でしょう。

3つ目は部屋が散らかりにくくなる点です。
テレワークスペースを設けることにより、リビングに書類やパソコンを置く必要がありません。
そのため、他の家族の邪魔にならないことはもちろん、作業途中でも片づける必要がないので、作業を再開しやすいです。

□快適なテレワークスペースを設けるためのポイントとは

以下の点に注意して快適なテレワークスペースを設けましょう。

1つ目は誰がどのようにテレワークスペースを使うのかです。
誰が使うのか、どのような目的で使うのかによって部屋に求める機能が異なります。
例えば、エンジニアの方なら快適なパソコン環境が必要ですし、本を読むためならたくさんの本棚が必要になります。

目的がはっきりしないまま部屋を作ると、物置になってしまう場合もあります。
しっかり誰が何の目的で使用するのかを決めて部屋を作りましょう。

2つ目はこもると繋がるのバランスを考えることです。
作業をするからといって、家族との繋がりを無視していては、喧嘩に繋がりかねません。
完全個室や、半個室など、様々なテレワークスペースの種類があります。
こもると繋がるのバランスを考えた上で何が良いのか決めましょう。

□まとめ

快適なテレワークスペースを設けるためのポイントについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の快適なテレワークの手助けになれば幸いです。
また、この記事でなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

住宅のご購入を考えている方へ!住宅の快適さのポイントを紹介します!

快適な住宅に住みたい方に知っていただきたいのが、快適さのポイントです。
快適さといっても様々な種類があります。
そこで今回は、快適にするための間取りと、快適に過ごすための住宅の機能を紹介します。

この記事が紹介するポイントを押さえた住宅なら快適に過ごせるでしょう。
ぜひ、参考にしてみてください。

□快適に過ごすための間取りの例とは

快適に過ごすための間取りの例を以下でご紹介します。

1つ目はオープンキッチンです。
リビングに面した広々としたオープンキッチンに憧れる方も多いでしょう。
しかしオープンキッチンには広い以外にもメリットがあります。

まず、調理中に家族と話しができる点です。
リビングと繋がっているので、調理中でもリビングでくつろいでいる家族と話せます。
この機能は子育て中の家族に嬉しい機能ですよね。
調理中でも赤ちゃんから目を離さずにすみます。

次に、後片付けが楽な点です。
ダイニングと繋がっているため、家事動線が短くなり、面倒な料理の後片付けが楽になります。
子供たちに皿を持って行かせるハードルが下がるのも嬉しい点です。

2つ目はパントリーです。
パントリーとはキッチン専用の収納で、不足しがちなキッチンの収納を充実させてくれます。
調味料や、キッチン用品、日用品も収納できます。

一気にたくさんの食料を買いだめする方には嬉しい機能です。

3つ目は、シューズインクローゼットです。
散乱しやすい玄関にこのシューズインクローゼットがあれば一気にすっきりします。
1.5畳程度の広さがあれば、4人家族分の靴を収納できます。

□快適に過ごすために必要な住宅の機能とは

以下の住宅の機能があると快適に過ごせます。

1つ目は断熱性です。
断熱性が上がると、外気と、内気の熱交換が少なくなります。
そのため、冷暖房効率が上がり、電気代がかからなくて済みますし、一年中快適な温度に保ってくれます。
部屋ごとの温度差も少なくなるので、ヒートショックの心配がなくなるのも嬉しい点です。

2つ目は気密性です。
気密性が上がると、断熱性と同じく、冷暖房効率が上がります。
省エネにはこの2つの機能は必須でしょう。

当社では住宅にどちらの機能もついているので、快適な住宅を建てたい方はぜひ当社にお任せください。

□まとめ

住宅の快適さについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の快適な住宅選びの手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

マイホームのメリットとは?不動産会社が解説します!

マイホームを持つか、賃貸住宅にするか迷う方は多くいらっしゃいます。
マイホームには、安心感や満足感が得られたり、自由にリフォームできたりするメリットがあります。
そこで今回は、マイホームのメリットについて詳しくご紹介します。

□マイホームのメリットをご紹介!

1つ目は、満足感と安心感が得られることです。
一度マイホームの住宅ローンを完済してしまえば、生活で住む場所に困らなくなります。
賃貸の住宅に老後までずっと住み続ける場合は、賃料の支払いが大きな負担になることが考えられます。
しかし、持ち家ならこのような心配は不要です。

2つ目は、家のレイアウトや設計を自由にリフォームできることです。
賃貸の場合は、大家さんの同意がなければリフォームはできません。
リフォームができた場合でも、元に戻すように求められることがほとんどです。
マイホームであれば、子どもの成長に合わせて子ども部屋を作ったり、老後を考えてバリアフリーに変更できたりします。

□マイホームを選ぶポイントについて

1つ目のポイントは、年代別に考えることです。
20代でマイホームを建てることで、35年のローンを組んだとしても、退職前に十分払えるため、余裕のある計画を立てやすいでしょう。

20代はまだ収入が少ない方も多く、マイホームを購入するのに必要な資金が十分にたまっていない場合があります。
また、結婚や出産、転職などの大きなライフスタイルの変化も考えられます。
そのため、長期的なライフプランを含めて検討することをおすすめします。

2つ目のポイントは、子育て世代についてです。
マイホームの場合、リフォームによって子ども部屋を作ったり、成長に合わせて仕切りを作ったりするなどの工夫は可能なので、ライフスタイルに応じて変えられます。
またマイホームを資産として子どもに渡せる点も大きなメリットです。

3つ目のポイントは、災害などを考えることです。
日本で暮らしていると、台風や地震などの自然災害に遭う可能性は十分にありますよね。
そのような観点においても、マイホームだと安心できるでしょう。
マイホームの場合は、災害対策がしっかりしている住宅やマンションを選んで購入できますし、注文住宅であれば家を建てる時にも耐震工事を行えます。

□まとめ

この記事では、マイホームのメリットについてご紹介しました。
マイホームをご検討中の方は、この記事を参考にしてみてください。
当社はお客様の理想の住宅を実現しますので、ぜひお問い合わせください。

マイホームでおすすめの床材を住宅会社がご紹介します!

マイホームをお考えの方で、床材でお悩みの方は多いでしょう。
床材で部屋の雰囲気はかなり変わるので、こだわりたいポイントですよね。
そこで今回は、マイホームでおすすめの床材についてご紹介します。

□床材の種類について

床材は大きく分けて、無垢材フローリングと複合フローリングがあります。
無垢フローリングは単層で、100パーセントの天然木のフローリングで、一枚板の木材を加工して作られます。
複合フローリングは複層で、何枚かの板を貼り合わせたフローリングです。
主な表層の素材は、数ミリの厚さがある天然木を貼り合わせた「挽板」タイプ、木材を0.2から0.3ミリメートル程度の薄さにスライスして貼った「突板」タイプ、木目模様がプリントされたシートを貼った「シート」タイプの3種類に分けられます。

□おすすめのフローリングタイプをご紹介!

ここでは住宅に使われる木材の中でも、木材でおすすめのフローリングタイプをご紹介します。
無垢フローリングは、板を木から切り出したもので、単層フローリングとも呼ばれるものです。
一般的に、杉やヒノキ、松、パイン、オーク、ブナ、チークなどが使われます。
年を経るにつれて色合いや木目の変化を楽しめるのが木材の最大の魅力です。

また木材の特徴である低熱伝導率により、素足の場合でも冷たさがなく、暖かみを感じられるのでおすすめです。
さらに、空気中の水分を部屋の湿度によって吸放出できるので、湿度を一定に保つ効果も期待できます。

複合フローリングは、二層以上になっている床材です。
合板を基本にして、表面材を薄く貼ったものが多く表面材の素材としては、薄くカットした木材や木目調のプリントがされたシールのような紙やビニールのシートがあります。
木目調のプリントは、「ニセモノみたいに見えるから嫌だ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、近年の印刷技術は発達しているので、まるで本物の木のように見せられます。
そのため、近くで見てもプリントとは思えません。
また木目調のプリントは、お手入れがしやすいというメリットがあります。
傷つきにくく、掃除やメンテナンスが楽といったことや、頑丈である、扱いやすいなどの特徴があるのでおすすめです。

□まとめ

この記事では、マイホームでおすすめの床材についてご紹介しました。
床材でお悩みの方は、この記事を参考に検討してみてはいかがでしょうか。
当社はお客様のニーズに合わせた住宅を提供しますので、お気軽にご相談ください。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308