カウンターキッチンには種類がある?種類と選び方の注意点についてご紹介します!

「マイホームのカウンターをどうしようかな」
「カウンターキッチンを選ぶ際の注意点はあるのかな」
そのような悩みや疑問を持った方は多いと思います。
そこで今回は、カウンターの種類とカウンターキッチンを選ぶ際の注意点についてご紹介します。

□カウンターキッチンの種類をご紹介!

カウンターキッチンには2つの種類があります。
ここでは、それらについて紹介します。

1つ目は、カウンター式キッチンです。
カウンター式キッチンとは、キッチンとダイニングの間にカウンターが設置されたタイプのキッチンを指します。

2つ目は、フルオープン式キッチンです。
フルオープン式キッチンとは、キッチンとダイニングの間に壁がないタイプのキッチンを指します。
例として、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどが挙げられます。

□カウンターキッチンを選ぶ際の注意点とは

カウンターキッチンを選ぶ際にはどのような点に注意するべきなのでしょうか。
ここでは、カウンターキッチン選びの注意点を3つご紹介します。

1つ目の注意点は、通路の幅です。
カウンターキッチンは、壁付けキッチンよりも通路の幅が必要です。
作業するスペースを広くとることも大切ですが、狭いと動きにくいため通路の幅にも注意しましょう。
一般的に女性が作業する際には80から90センチメートルほど幅があるのが理想だとされますのでぜひ参考にしてくださいね。

2つ目の注意点は、においや油跳ねです。
フルオープン式キッチンの場合、ダイニングとの区切りがないためにおいがこもりやすいです。
においが気になる方は壁を珪藻土や漆喰にすると消臭や脱臭の効果を期待できるためおすすめです。
また、油跳ねが気になる際は、オプションで油跳ねガードを選んだり、市販のものを購入したりして対策しましょう。

3つ目の注意点は、背面のレイアウトです。
特に冷蔵庫の配置には注意が必要です。
キッチンが左側に引っ付いている際には左奥に冷蔵庫を配置するとすっきりした印象を与えます。

しかし、奥に配置するとそこまで移動して使用する必要があるため、不便に感じる方もいらっしゃるでしょう。
ご自身に合ったレイアウトをすることが大切です。

□まとめ

今回は、カウンターの種類とカウンターキッチンを選ぶ際の注意点についてご紹介しました。
キッチンでお悩みの際はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社ではお客様の理想の住まいづくりをサポートしています。
マイホームでお悩みでしたらぜひご相談ください。

マイホームをご検討の方へガレージの種類についてご紹介します!

「ガレージにはどんな種類があるのかな」
そのような疑問を持った方も多いと思います。
そこで今回は、ガレージの種類と、それぞれのガレージのメリットについてご紹介します。
新築のガレージでお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

□ガレージの種類とは

ガレージにはどのような種類があるのでしょうか。
ここでは、ガレージの種類についてご紹介します。

まずは、ビルトインガレージです。
ビルトインガレージとは、建物とガレージが一体となったタイプのガレージを指します。
このガレージは、建物の1階部分にガレージを設置するため、土地を有効活用できます。

次に、独立ガレージです。
独立ガレージとは、建物とは分けて建てられたガレージ専用の建物のことを指します。
このガレージには、一から建設する方法と、既存品のガレージを設置する方法があります。

□それぞれのガレージのメリットとは

ガレージの種類をご紹介しましたが、それぞれのガレージにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ビルトインガレージと独立ガレージのメリットについてご紹介します。

*ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージのメリットは3つあります。

1つ目のメリットは、雨に濡れる心配がないことです。
ビルトインガレージは建物内部に設置されるガレージのため、乗り降りをする際に雨に濡れる心配はありません。

2つ目のメリットは、荷物の積み下ろしが楽なことです。
ガレージと建物の距離が近いため、重い荷物でも比較的楽に移動させられます。

3つ目のメリットは、土地が限られていても大丈夫なことです。
ビルトインガレージはガレージ用の敷地を追加で用意する必要がありません。
そのため、地価の高い地域にお住いの方に特におすすめです。

*独立ガレージのメリット

独立ガレージのメリットは、2つあります。

1つ目のメリットは、防犯性が高いことです。
敷地内に駐車していても、侵入していたずらをされる可能性があります。
しかし、独立ガレージに駐車すると外から車が見えないため、大切な車を守れます。

2つ目のメリットは、外部の影響を受けないことです。
雨風の影響を受けないため、車が汚れてしまう心配はありません。
また、台風で何かが飛んできて車が破損するという事態も防げます。

□まとめ

今回はガレージの種類と、それぞれのガレージのメリットについてご紹介しました。
ガレージ選びでお悩みの際はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社ではお客様のご希望に合った住宅をご提供しています。
興味がありましたらぜひ一度ご相談ください。

ゼロエネルギー住宅をお考えの方必見!ゼロエネルギー住宅のメリットをご紹介します!

「ゼロエネルギー住宅って何かな」
「ゼロエネルギー住宅にはどんなメリットがあるのかな」
そのような疑問を持った方も多いですよね。
今回は、ゼロエネルギー住宅と、ゼロエネルギー住宅のメリットについてご紹介します。

□ゼロエネルギー住宅とは

ゼロエネルギー住宅とは、住宅の性能を上げることによってエネルギー消費を減らし、かつ、エネルギーを創れる住宅のことを指します。
エネルギーを創るために一般的に太陽光発電を取り入れることが多いです。
日照時間の長い春から夏にかけては必要なエネルギー以上の電気を創って売り、日照時間の短い秋から冬にかけては足りない分のエネルギーを買います。
それによってエネルギーの年間収支がおおむねゼロになることを目標とします。

地球温暖化が問題視されている近年、ゼロエネルギー住宅は環境に優しいと注目を浴びています。

□ゼロエネルギー住宅のメリットとは

ゼロエネルギー住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ゼロエネルギー住宅のメリットを4つご紹介します。

1つ目のメリットは、光熱費を抑えられることです。
ゼロエネルギー住宅はエネルギーの年間収支がゼロになることを目標としています。
そのために住宅の断熱性、気密性を上げたり省エネな家電を使用したりします。

また、一般的に太陽光発電を設置することが多いです。
このような設備のおかげで、ゼロエネルギー住宅は光熱費を抑えられます。

2つ目のメリットは、停電時にも電力を使えることです。
日本では地震が発生しやすく、日本全国どこに住んでいても停電を経験する可能性があります。
ゼロエネルギー住宅は太陽光発電を取り入れているため、停電時でも電力が使えます。
しかし、工事の際に蓄電池を設置していないと電力を貯められないため注意が必要です。

3つ目のメリットは、健康に優しい快適な住宅であることです、
断熱性が高いと熱を外に逃がしにくく、家の温度を一定に保てます。
冬でも室内は比較的暖かく、快適に過ごせます。

4つ目のメリットは、補助金を申請できることです。
ゼロエネルギー住宅は国際公約を果たすために推進している国策の1つです。
そのため、補助金の制度があります。
しかし、補助金は申請を出した方全員が必ずもらえるわけではないため注意が必要です。

□まとめ

今回は、ゼロエネルギー住宅と、ゼロエネルギー住宅のメリットについてご紹介しました。
この記事が、ゼロエネルギー住宅に関しての理解を深められる機会となりましたら幸いです。
また、当社ではゼロエネルギー住宅も取り扱っております。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

カフェ風のマイホームとは?カフェ風にするためのポイントをご紹介します!

「マイホームをカフェ風にしたいけど方法が分からない」
そのような悩みを持った方も多いと思います。
そこで今回は、マイホームをカフェ風にするためのポイントについてと、リビングをカフェ風にした実例をご紹介します。

□マイホームをカフェ風にするためのポイントとは

カフェ風のマイホームはおしゃれで魅力的ですよね。
ここでは、マイホームをカフェ風にするためのポイントをご紹介します。
マイホームをカフェ風にするためのポイントは3つあります。

1つ目のポイントは、おしゃれな外観です。
屋根や外壁、窓、玄関のドアをどのようなものにするのかで家の印象が決まります。
窓枠や玄関ドアをブルーやグリーンにすることで外国風の雰囲気を作れ、よりカフェ風のマイホームに近づきます。
また、外壁を漆喰やエイジング加工することもおすすめです。

2つ目のポイントは、モダンな内装です。
カフェ風にする際には、木目をベースとした内装にすると良いでしょう。
木目にも明るく温かみのあるものから渋みのあるものまでさまざまですのでご自身の理想にあったものを選んでくださいね。

3つ目のポイントは、家具選びです。
内装のデザインと同様に、木目の家具で統一するとカフェ風のマイホームが実現できます。
また、ペンダントライトを設置するとよりおしゃれなカフェの店内のような雰囲気を作り出せるためおすすめです。

□リビングをカフェ風にした実例をご紹介!

続いて、リビングをカフェ風にした実例を3つご紹介します。

1つ目は、モノトーンとウッドでまとめた洗練されたリビングの例です。
モノトーンで統一することで、すっきりとした印象を与えてくれます。
そこに、木目の家具を取り入れることでカフェ風の雰囲気を出しながらも洗練されたリビングにできます。

2つ目は、アイアンと木目の組み合わせがおしゃれなリビングの例です。
シックな印象を与えるアイアン家具に木目の家具を取り入れることで、部屋に温かみを持たせられます。
また、キッチン台にコーヒーセットをレイアウトすることでよりカフェらしい雰囲気にできます。

3つ目は、パッケージを見せない工夫のされたリビングです。
醤油やコーヒー豆の瓶などに専用カバーを被せてパッケージが見えないようにすると、生活感が消えてカフェのような雰囲気になります。

□まとめ

今回は、マイホームをカフェ風にするためのポイントについてと、リビングをカフェ風にした実例をご紹介しました。
カフェ風のマイホームをお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

新築でビルトインガレージをお考えの方必見!ビルトインガレージのメリットを解説します!

「ビルトインガレージのメリットは何かな」
「ビルトインガレージはどんな人におすすめなのかな」
そのような疑問を持った方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、ビルトインガレージのメリットと、ビルトインガレージがどのような方におすすめかについてご紹介します。

□ビルトインガレージのメリットとは

ビルトインガレージにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ビルトインガレージのメリットを3つご紹介します。

1つ目のメリットは、敷地を有効活用できることです。
ビルトインガレージは、建物の1階部分にガレージを設けます。
そのため、ガレージのためだけの敷地を必要とせず、敷地を有効活用できます。

2つ目のメリットは、いたずらを防ぎ、雨風からも守れることです。
平置きの場合、ガレージに侵入していたずらをされる可能性があります。
ビルトインガレージですと、出入り口にシャッターを設置することで車を守れます。
また、雨風にさらされないため愛車を長く、美しく保てます。

3つ目のメリットは、荷物の出し入れに便利なことです。
ガレージから直接屋内に出入りできる設計にしておくと、荷物の出し入れに便利です。
また、雨の日でも濡れずにガレージまで移動できます。

□ビルトインガレージがおすすめな方とは

ビルトインガレージにはさまざまなメリットがありますが、どのような方に特におすすめなのでしょうか。
ここでは、ビルトインガレージをおすすめしたい方の特徴を3つご紹介します。

1つ目の特徴は、車が大好きでこだわっていることです。
ビルトインガレージは雨風や盗難、いたずらから車を守れるため、愛車を綺麗に保ちたいとこだわっている方におすすめです。

2つ目の特徴は、地価がとても高い地域に住んでいることです。
地価が高い地域に住んでいる方は、ガレージのための土地を用意するのも大変でしょう。
ビルトインガレージは建物の1階部分に設置するため、ガレージ用の敷地を用意する必要がありません。

3つ目の特徴は、家の出入りで雨に濡れたくないことです。
建物の外にガレージを設置すると、雨の日は車に乗るまでに濡れてしまうことがあります。
大きな荷物を持っていると傘をさすこともままならないため、荷物も濡れてしまうかもしれません。
しかし、家と直結したビルトインガレージでは家の中から車に乗れるため、雨に濡れる心配をする必要がありません。

□まとめ

今回はビルトインガレージのメリットと、ビルトインガレージがどのような方におすすめかについてご紹介しました。
ビルトインガレージをお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社では最新で高品質の設備を提供しています。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

マイホームをいつ買うのがベストなのか解説します!

マイホームはいつ買うのが適切なのでしょうか。
とても大きな買い物なので、絶対に失敗したくないでしょう。
そこで、今回は、マイホームを買うベストなタイミングをご紹介します。
マイホームを購入する際に参考にしてみてください。

□みんなどのくらいの年齢でマイホームを購入しているの?

国土交通省が実施している、何歳でマイホームを購入しているのかを調査した結果によると、マイホームを購入する年齢は30代が一番多いと分かります。
しかし、これらは、注文住宅なのか、分譲戸建てなのか、マンションなのかによって異なります。
新築の注文住宅は41歳、分譲戸建ては39歳、分譲マンションは42歳ほどとデータが出ています。

マイホームを購入する際は、住宅ローンを借りる人がほとんどです。
収入が安定していない20代には、住宅ローンがどれだけ借りられるのか分からないので、賃貸に住んでいる方が多いです。
これらのデータから目安は年齢ではなく、収入が安定しているかどうかが重要だということが分かります。

□初めてマイホームを購入する際に気を付けておきたいこととは

初めてマイホームを購入する際は以下の点に気を付けましょう。

1つ目は平均年齢、家族構成です。
家族がこれから何人になるのかによって必要な部屋数や大きさが異なってきます。
また、子供たちの平均年齢が高ければ、巣立ちしてからの部屋の使い方も考えておいた方が良いでしょう。

2つ目は平均年収です。
住宅ローンは長いと35年も払い続ける必要があるものです。
今の年収だけでなく、これからどれだけ増えていくのかということを確かめておく必要があります。
後々年収が上がり続けていくなら背伸びした住宅を購入しても問題ないでしょう。

しかし、ここで注意したいのが、将来の年収の見積をしっかり行うことです。
経済は不安定なものです。
会社から将来これだけの年収がもらえると言われていても、言われた年収より少し減らした金額を見積として使用しましょう。

3つ目は購入資金です。
いくらの物件を購入するのか、自分でどれくらい払うのか、ローンをいくら借りるのかを決めましょう。
年収の約4倍の物件価格が無理なく返せる金額と言われています。
これを目安として、購入資金を考えましょう。

□まとめ

マイホームの購入するタイミングについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様のベストタイミングな物件購入の手助けになれば幸いです。
また、注文住宅をお考えの方はお気軽に当社にご相談ください。

マイホームの内覧見学をする際の注意点を紹介します!

マイホームを選ぶ際に重要になってくるのが、内覧見学です。
実際に住宅の内部を見学することによって、希望通りの住宅かを確認します。
そこでそんな重要な時に注意したいポイントをこの記事で紹介します。
後悔しない住宅選びを行いたい際は参考にしてみてください。

□内覧の際にもっておきたいアイテムとは

内覧の際には以下のアイテムを持っていきましょう。

1つ目は間取りの図面です。
物件によって、間取りの図面と実際の部屋に違いがあることがあります。
そのため、実際の間取りの図面を必ず持っていくようにしましょう。

また、間取りに直接、長さを書き込めるようにペンも持って行くと良いでしょう。
細かい長さを書いておくと、家具を選ぶ際に楽です。

2つ目はスマートフォンです。
スマートフォンの機能が内覧時に活躍します。
写真や動画はもちろん、方位磁針や、ボイスレコーダー、長さをはかる機能があるスマートフォンもあります。

記憶でなく、記録に残せるということで、物件を見比べるときに活躍します。

3つ目はメモ用紙です。
スマートフォンのメモ機能でも良いのですが、場所ごとや、用途ごとに後で仕分けが可能なので、メモ用紙の方が使い勝手が良いです。

間取りに家具や家電の寸法を書くと、ごちゃごちゃするので、メモ用紙に書くのも良いでしょう。

4つ目は長さや幅がはかれるものです。
スマートフォンでも良いのですが、メジャーのほうが、信憑性がありますし、細かい部分まではかれます。
家具、家電の配置を考えるために、しっかり計測しましょう。

□内覧時の注意点とは

内覧時には以下の注意点があります。

1つ目は図面との違いはないかです。
収納のサイズが違う、扉の開きが違うなど、図面と異なる部分がないか確認しましょう。
見つかったら担当者になぜ違うのか聞きましょう。

答えられなかったら、信用できない業者ですので違う業者に物件探しを依頼しましょう。

図面と異なっていることに理由があった場合は、生活上許容できる範囲内なのかを吟味しましょう。

2つ目は施工の精度に問題はないかです。
ビー玉を転がして、床の傾きをはかったり、柱やドア枠に三角定規を当てて垂直かを確認したり、施工の精度を簡単に確認しましょう。
壁紙の剥がれや傷など気になる点は申し出ましょう。

3つ目はしっかり動くのかです。
ドア、窓など、動くものは全て動かしてみましょう。
建付けが悪かったり、ぐらついたりする場合があります。
水道が通っているなら水を流してみて、水漏れを確認できるとなお良いでしょう。

□まとめ

内覧時の注意点について解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の満足のいく物件選びの手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308