冬も暖かい家にするためには?ポイントをご紹介!

冬、外の寒さに凍えながら帰宅した時に、家の中がほっこり暖かいと安心しますよね。
そんな冬でも暖かい家にするためには、どのような家づくりをすれば良いのでしょうか。
そこで今回は、冬も暖かい家にするためのポイントをご紹介します。

□冬も暖かい家にするためのポイントとは?

夏は涼しく、冬は暖かい家にするためのポイントは、ずばり断熱性と気密性です。

断熱とは熱が伝わらないようにすることを指し、夏の暑い外気や冬の冷たい外気の影響を受けないようにします。
また、夏のエアコンで冷えた空気や冬の暖房で暖まった空気が外に逃げてしまうのを防いでくれます。
断熱材により魔法瓶のような状態になった家の中は保冷と保温に長け、少しの冷暖房で十分な効果を得られるようになるでしょう。

気密とは家のすき間を少なくなるようにすることを指し、夏の暑い外気や冬の冷たい外気の侵入を防ぎます。
断熱性が高くても、気密性が高くないと快適な温度の空気が逃げてしまうので、両方を兼ねそなえた家にする必要があります。

当社では、高性能ハイブリッド窓やアクアフォームと呼ばれる発泡性の断熱材で、断熱性や気密性の高い家を提案しております。
ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

□断熱性や気密性を高めることで得られるメリットとは?

1つ目は、消費エネルギーの削減になることです。
断熱性や気密性を高めると、少しの間冷暖房をつけるだけで適温になり、その温度が保たれるようになります。
消費エネルギーが最小で済むだけでなく、光熱費の削減にも繋がる嬉しいメリットです。

2つ目は、ヒートショック対策になることです。
家庭内の死亡事故で最も多いのが、このヒートショックであることをご存知でしたか。
ヒートショックは急激な温度変化により引き起こされます。
ご家族みんなが安全に過ごすためには、断熱性と気密性を高めて家全体の温度を一定にする必要があります。

3つ目は、結露を防止してくれることです。
結露は空気中の水蒸気から発生し、家の耐久性を低下させる大敵です。
カビやダニの温床ともなり、健康に悪影響を及ぼします。
断熱性や気密性が高いと冷えた外気を遮断してくれるので、結露の発生を抑えてくれます。

□まとめ

今回は、冬も暖かい家にするためのポイントをご紹介しました。
断熱性や気密性を高めることは、快適なお住まいを実現するだけでなく、ご家族の健康を守るお住まいにもなります。
これからマイホームをお考えの方は、気密性や断熱性にこだわった、冬も暖かい家にしてみてはいかがでしょうか。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308