戸建ての購入を新築と中古でお悩みですか?それぞれのメリットを解説します!

「戸建てを購入したいが、新築と中古のどちらにするべきか」とお困りではありませんか。
近年では、中古の戸建てでもリフォームやリノベーションで新築同様に様変わりするので、なかなか決めづらいですよね。
そこで今回は、新築と中古のそれぞれのメリットを解説します。
購入前にぜひ参考にしてください。

□新築の6つのメリットとは

1つ目は、新築に住むという気持ちよさを得られることです。
新築は新しく建った家なので、それだけで満足感を抱けますよね。
気持ちの問題ではありますが、重視したい大事なことです。

2つ目は、最新の設備が設置されていることを期待できることです。
中古では間取りや構造の問題で取り付けられないような最新設備でも、標準設備として設置されている可能性が高いです。
当社でも、太陽光発電やクリーニング機のLGスタイラーを標準設備としてご提供しています。

3つ目は、中古よりもランニングコストがかからないことです。
高い断熱性や最新の設備によって、ランニングコストを減らせます。

4つ目は、税の優遇を受けやすいことです。
登録免許税は新築の方が軽減されるなど、中古よりも優遇措置が多いです。

5つ目は、設備や機器のトラブル発生の確率が低いことです。
全て新しい物なので、その分壊れにくくなっています。

6つ目は、補償期間が長いことです。
新築は、住宅品質確保促進法により10年間その品質が保証されています。

□中古の4つのメリットとは

1つ目は、低予算で購入可能なことです。
中古は建物自体の資産価値が減少しているので、同じエリアでも、新築と中古では中古の方が安く手に入れられます。

2つ目は、新築よりも面積が広いことがあることです。
先程申し上げたように、中古では建物の価値がほぼなくなっていっているので、価格が低くなっています。
同じ金額でも、新築より中古の方が広い面積の物件の可能性が高いでしょう。

3つ目は、実際に物件を見て選べることです。
新築では完成前に購入を決める必要があるケースが多いですが、中古では既に建物がある状態を見学できるので、外観や日当たりなどを全てご自身の目で確認していただけます。
暮らしているイメージを考えやすいのは、中古の方でしょう。

4つ目は、リフォームやリノベーションで新築のようにできることです。
新築よりも安く購入して、リフォームやリノベーションで家を生まれ変わらせることもできます。
ただし、全ての要望を叶えられるわけではありません。

□まとめ

今回は、新築と中古のメリットをそれぞれ解説しましたが、いかがでしたか。
みなさまにとって、よりぴったりな選択肢を選ぶお手伝いができていれば幸いです。
何かお悩みがありましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

新築での悩みの種!快適な寝室の広さとは?

人は、睡眠に人生の三分の一の時間を費やすといいます。
そのため、寝室は睡眠を取りやすい快適な場所にしたいですよね。
この記事では、快適な寝室の広さについてご紹介します。
新築の寝室でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□新築する際の寝室の広さについて解説します!

睡眠の質は、その日のコンディションに大きく影響しますよね。
ぐっすりと寝られた日は身体が軽く、あまり寝られなかった日は調子が悪く感じるというのは、気のせいではありません。
寝室は寝るためのお部屋ではありますが、体調を左右する睡眠の質を考えると、決してその価値を侮れません。

新築で寝室について考える際は、まず理想の睡眠環境を考えましょう。
そうすると、自ずと理想の寝室のイメージが湧くはずです。
例えば「寝るスペースがあれば何でも良い」や「寝る前まで椅子に座って本を読みたい」など、寝室での過ごし方を具体的にイメージすると広さが大体イメージできます。

ベッドで寝るのであれば、収納を加味して考えても余裕のある8畳の広さが理想的です。
布団を敷いて寝るのであれば、もう少し広めの方が良いでしょう。

□寝室の間取りについて解説します!

寝室は、同じ広さでも寝室自体の部屋の形によって、使いやすさが変わります。
部屋にゆとりが欲しいなら、幅も奥行もある正方形型の間取りにしましょう。
机を置きたい場合は、長方形型にして寝るスペースとの区切りをつけた方が落ち着きます。

開放感が欲しい方におすすめなのが、勾配天井です。
勾配天井とは、屋根に合わせて傾斜をつけた天井のことを指します。
従来の天井よりも高い位置に天井がくるので、縦に奥行がでますよ。

寝室の間取りや広さを考える際には、実際に図面に家具を置いて考えてみてください。
大体の家具の大きさを考えて、ベッドの向きや、机、収納家具を置く位置を書き込みます。
すると、寝室の中での動線に不便がないか、窓の位置が影響していないかなど、使い勝手の悪いところに事前に気づいて対処できます。
ベッドを置いた後の通路部分はしっかり確保しておきましょう。

□まとめ

今回は、寝室の広さについてご紹介しました。
快適な睡眠のためにも、新築の寝室はしっかりとこだわりましょう。
今回ご紹介した寝室の目安の広さや考え方を参考に、ご自身にとってベストな睡眠環境を実現してみてはいかがでしょうか。
何かご不明な点がございましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

長く住み続けたい方必見!耐久性の高い家にするには?

良い家づくりとは、ご家族の暮らしや思い出を守り続けてくれる家づくりですよね。
そのためには、どんな環境にも耐えうる強度を持った家を建てる必要があります。
そこで今回は、耐久性の高い家を実現するために知っておいていただきたいことをご紹介します。

□耐久性の高い家にするには木造がおすすめです!

「木の家は腐って長持ちしないのではないか」とお考えではありませんか。
実は、それは誤解です。
代表的な日本古来の建築物である正倉院も、木のみを使用した造りで1300年程長持ちしています。
現代においても、機能性の高い断熱材と組み合わせれば木は腐らず、耐久性の高い家を造れるのです。

特に、日本の無垢の木を利用することをおすすめします。
なぜなら、日本の風土に慣れ親しみながら育つことで、季節や湿度の変化に対応する能力が高くなっているからです。
この風土への適応能力は、そのまま家の耐久性に影響します。
耐久性の高い家にしたい方は、日本の木を用いた家にすると良いでしょう。

□家が老朽化する理由とは?

家の老朽化を招く大きな要因はずばり、湿気です。
この湿気が家の様々な大敵を呼び寄せます。

1つ目は、シロアリです。
寒い冬でも活発に活動するシロアリは、非常に厄介な害虫として知られています。
シロアリは腐った木材や繊維類を主食としており、乾燥した木材は食べません。
家の土台部分から柱、更には壁まで食べつくしてしまうので、放置していると軽い衝撃でも倒壊する恐れがあります。

2つ目は、カビです。
カビは高温多湿な環境で発生するだけでなく、冬の気温差で起こる結露によっても発生します。
放置しているとカビは壁紙や断熱材にまで増殖し、健康にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

当社では、このような老朽化の原因に対処したハウスガードシステムを採用した家づくりをしております。
新築時の状態を維持できる家づくりで、家の耐久性を最大限高めています。

その中の、「百年間腐らない緑の木」は現在考えられる中でも最高レベルの建築資材です。
特殊な薬剤を使用することで腐らず、シロアリに食べられない木材を生み出しています。
高い安全性と耐久性を兼ね備えているので、公共土木事業にも使用されています。
ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

□まとめ

耐久性の高い家を建てるには、日本の風土に慣れ親しんだ日本の無垢材を使用しましょう。
先程ご紹介したように、当社ではハウスガードシステムを採用した家づくりをしております。
3世代先でも残り続けるような家づくりをしたいとお考えでしたら、ぜひ当社にお任せください。

広いリビングがある家にしたい!間取りのポイントとは?

広いリビングで、ご家族みんなでくつろぐ風景に憧れを抱いている方は多いと思います。
それぞれが好きなことをしたり、時にはみんなで映画を観たりして、素敵なリラックスタイムを存分に満喫したいですよね。
今回は、広いリビングがある家の間取りのポイントをご紹介します。

□広いリビングがある家のメリットとは?

1つ目は、解放感やゆとりのある生活ができることです。
リビングはお住まいの中で最も広い空間なので、広いほど大きな解放感を得られます。
また、広い空間でくつろぐ時間はゆとりのある生活に繋がるでしょう。

2つ目は、レイアウトを自由にカスタマイズしやすいことです。
リビングが広いと、その広さを活かしてライフスタイルの変化にも対応しやすいでしょう。
例えばお子様が小さい時期は何もないスペースを広めに取り、小学校に上がったらお勉強スペースを設けるなど、お子様の成長に合わせたレイアウトが実現できます。
在宅勤務になってもワークスペースを設けられるので、時代の変化にも対応できるでしょう。

3つ目は、ご家族でコミュニケーションを取りやすいことです。
家族それぞれにパーソナルスペースが確保しやすく、お互いに居心地の良い空間になります。
思春期を迎えたお子様でも、小さな頃から広いリビングで過ごす習慣がついているとご家族みんなで過ごしやすいでしょう。

4つ目は、リビングの用途が広がることです。
普段のリラックスタイムだけでなく、様々な用途に使用できるのが広いリビングの醍醐味といえます。
ヨガをしてみたり、友人を招いてパーティーを開いたりするなど、広さを活かした用途で素敵な時間を過ごせるでしょう。

□広いリビングがある家の間取りのポイントをご紹介!

1つ目は、動線を考えることです。
リビングでは、家事動線や生活動線を考えた間取りにすることが大切です。
小さな不満も積み重なれば大きくなってしまうので、過ごしやすい空間になるように工夫しましょう。

2つ目は、あらかじめ収納設備をつくっておくことです。
広いリビングはご家族みんなが集まる場所なので、それに伴って物も集まりやすい場所となります。
リビングにはあらかじめ収納をつけて、物に住所を設けることをおすすめします。
すっきりと片づいた広いリビングを保てると気持ちが良いですね。

3つ目は、コンセントの数や位置に気をつけることです。
広いリビングは生活の中心となる場所なので、コンセントは多く取り付けた方が良いと考えてしまいますよね。
しかし、家具裏に取り付けてしまったり、使わない場所に取り付けてしまったりすると意味がありません。
数や位置、そしてブレーカーが落ちないよう回路にも配慮した配置にしましょう。

4つ目は、家具や家電の大きさや位置も考えることです。
家具や家電の配置によって通路が狭くならないよう、事前に計算しておきましょう。
ゆとりをもって配置できるように考えておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、広いリビングがある家の間取りのポイントについてご紹介しました。
様々なメリットのある広いリビングですが、やはり最大のメリットは快適なリラックスタイムを過ごせることですよね。
今回ご紹介したポイントを押さえて、より快適に過ごせる広いリビングを実現してみてはいかがですか。

宅建業免許番号大分県知事(2)第3160号 建設業許可:大分県知事(般-28)第14134号 (一社)大分県宅地建物取引業協会会員 (一社) 九州不動産公正取引協議会加盟

fax.0977-75-8318
tel.0977-75-8308